ブログトップ

オタク見聞ロク

otaken.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっぱセーラー、うーん。

f0005120_1673785.jpg


ずっと前図書館で読んだある本を書き写したもの。↓


—タキシード仮面は女に都合のいい男である

月野うさぎと地場衛は、ふだんは「うさこ」「まもちゃん」と呼び合っていちゃつき合う恋人同士である。
恋人が変身して戦闘モードにあるときは、彼もタキシード仮面に変身していることが多い。しかも彼は前世では、月の王女プリンセス・セレニティの恋人、すなわち地球の王子エンディミオンだった。つまり彼は平事、有事、前世のあらゆるモードにおいてうさぎのパートナーなのだ。なお、言うまでもないが彼は未来においてはうさぎの夫になり、さらにはちびうさの父になるという設定だ。
彼はチームの外に位置する協力者である。彼はセーラー戦士よりも一歩下がったチーム外の援助者としてむやみにしゃしゃり出ては来ない。が、彼女らが本当にピンチに陥ったときには、口にくわえた薔薇の花をシュボッと飛ばし、「そこまでだ、ジェダイド(敵の名前)」とかなんとかキザな台詞を決めつつ、颯爽と登場する。半面、彼はセーラームーンが十分に戦えるようにと、ちびうさの世話を引き受けたりもする。
男が一歩下がった協力者に徹している点が女の子の視聴者を意識した『セーラームーン』の賢さであり、その意味で彼をかつていなかった男のタイプとして評価する論者も多い。

衛=タキシード仮面は「女に都合のいい男」なのだ。月野うさぎにとっての地場衛は「理想の王子様」だろうが、衛の側に立って考えると腑に落ちない面は多々ある。
彼は男の友達がいない。彼は陰に日なたに恋人を支え、恋人を助けることのみを生き甲斐にしている。彼は大学2年生である。大学生の男が中学生のわがまま少女を将来の妻と見定め、なんでも言う通りにしてやるのである。こういう男は、世間はふつう「ロリコン」と呼ぶ。(近年では援助交際とも呼ぶ。)







ほんでみてこれ、
衛の傑作集。

リアルタイムでみてた時、よくこんなの糞真面目に毎週見てたな〜。と思った
けど全編みたいです。
セーラームーンきてます。

おわり
[PR]
by musimaruyowkow | 2007-08-08 14:19 | オタクロク

最後の夏

PL花火、今年はとても感慨深く、あっという間に終わってしまった。

4年間ずっと、同じ花火を見ながらも毎年アンソロとか冬コミの話しかしてないってとこが彼女らの極みです。
素晴らしい。

あえて今、これまで4年間のなちゃんちで起こったことを振り返ってみる。
*誰にも読まれない日記として書いてたから若干気持ち悪い表現とかでてくるけどそこはムシ。

2004年8月1日
深夜バイト明け。
巨人の星さいこうに笑えます!!おかしくいまくった。なつきちゃんthankyou☆
そのあとマコツとPL花火。汗だくでぜったいまこつにひかれたわ。。

2004年9月16日
なぎさちゃんち(←名前間違ってるし笑)で爆笑VIDEO大会!!
まず実写版ゲゲゲのきたろーはまじありえんかった。そのつぎドラゴンボールみて熱く語った。そんでちんこクッキー!!まじリアル笑 ばりうけた。
わははははっ!!

2005年8月1日
PL花火。今年はなっきんちで。みんな原稿カキしてた。オタク祭りじゃーー!!てかみんなウマすぎー。酒はナッシングで10万発の美しい花火にはほんま度肝をぬかされた。

[次の日、オーサカキングへ行きました。]


2006年8月1日
〜山の向こうで今年も一瞬の戦争が起きました。すごい鳥肌たつなあ…毎年…3年目…〜

きたよ、PL!!なっつんちお止まり!!
コガちゃんくると思ってたのにこない。無双、またもや進出。コタローです。
おもろしです。ギニュー特選隊が表紙。笑
夜、ラッキーマンをみながら作業。座布団に生理の血をつける。こめんなっち…。
フロ。ねる。みんな不義不義ねる前しゃべって爆笑。

[その1週間後、宗教にだまされました。]


ってアナログ日記に書いてありました。
さあ 今年の PLアニメ大会は

アイアンリーガーだよ!!

2頭身のロボがスポーツして萌える話。あれ、ちがうな。
でもとてもエロいシーンっていう意味がわかりだしたのは、まぎれもなく2005年のコタローをかき始めてからだと思われます。


しかしなつんの呼び方も毎年違ってるのが笑えるなぁ。。


そういうわけで今年はド天然オタクのユミが初めてなちゃんちおとまりで、初カリーで、初アイアンリーガーでした。

夜中cureのコスぷれみたりニコどうでなんかみてたりしてたっぽい。
寝てもた。
隣がピンポンうるさいのも今年初やったな。


とにかくこれで最後のPLなんだと思うとしみじみしてきた。
帰るときにイロイロ思い出すとぷわ〜んとしてきた。

「遠足は家に帰るまでが遠足だ!」って昔よく先生に言われたけど、
多分、帰り道はその遠足の思い出にひたる時間なんだよーってことやったんやと思う。
そんなん考えるくらい、しみじみしてしまった。

f0005120_23325338.jpg

[PR]
by musimaruyowkow | 2007-08-02 23:33 | オタクロク