ブログトップ

オタク見聞ロク

otaken.exblog.jp

愛の流刑地ネタバレ日記

遅すぎやけど今更やけど「王の男」を見たよ。まこつ「え、どうゆうこと?結局どうなったん?」て言うてたけど「うちもわからん」て適当に流してしまったよ。
コンギルさんの女の動きがすげー・・・と思ってしまった。
…もうほんま今更の話やな。みるの遅すギター

で、今日はムショウに映画みたくて1人映画館へ行きました。
「大奥」と「愛の流刑地」と迷ったあげく、「あたしやったらドロドロの恋愛がいいな!」という映画行く直前に会った友達の一言につられて、「愛の流刑地」を選びました。どっちもどっちやけど。あのトヨエツと寺島しのぶのポスターみる限りドロドロしてそうなので。流刑地決定。

地元の映画館はサビレにサビッてるんでほとんど人がいない。ちょと安心した。
最初っから喘ぎ声で始まるので1人でみるに限るな!と思いました。
邦画のエッチなシーンてなんか恥ずかしいていうか。。(金曜ロードショウとかでやってる「釣りバカ日誌」の必ず序盤に出てくる「合体!」てわざわざテロップ出てくるシーンとかほんまやめてほしい)とにかく恥ずかしくさせる要素がふんだんに盛り込まれてるので誰かとみるのはハラハラして集中できません。

しかし恋愛て難しいもんだなと思いました。
最近ちょくちょく思います。愛の流刑地はトヨエツと寺島しのぶだからこそこんな臭い言葉を交わせるんやわ!!とか、文学作品ではあり得るけど日常じゃ恥ずかしくてできねーよ!!とか思ってしまったりする部分もあったけど、別にフィクションっぽくないな思ってしまったのはきっとこうゆう恋愛もアリだろうと思ったからです。あたすは。
なんか会うたびこの人らセックスしてるわ、て思ってたんやけど、この映画の描写だけじゃぁ人を愛すること=セックスして快感を解放させることなのか???とか思ってしまったりしました。もっとなんか違う描写あってもいいやろと思いました。
でも映画にするには時間が短すぎるしそこはいらんか。省くしかないよな。ま!とにかく愛の流刑地の小説を読むよ!
死にたくなるほど愛するていう気持ちはセックスの間だけなんかよー、て勘違いしてしまかけたけどそうじゃないよなーんnー愛は深いです。私にとって永遠に興味深いテーマです。中学の時から自分の妄想と戦い続けて、時々恋愛の詩とか書いてたほど(気持ち悪いよな)やし、今ですら真剣に考えないと答えの出ない問題だなーと思う程すごい深いです。あたしが恋愛偏差値低いだけなんかもしれんけど。

人の恋愛も気になって、よく友達の話しとか聞き出したりするけどほんま恋愛とは一言では片付けられへんものだなと思います。


わ、長。
こんなん真剣にかく程の恋愛もしてませんが、なんとなく気になったから。。

いい恋愛しよーぜ!ははは  ダルいな。ゴメン。



+追記+
1300円払ってみてるんやから最後のエンディングまで耳かっぽじって聞いてやろう!!と思い、最後まで平井堅の詩に聞き入ってました。
なーんーどもっ なーんーどもっ あたーしをっ コローしてっ
っていう歌詞がものすごい受け身なひとやな〜と思ってしまったのと、やぱり平井堅はゲイっぽい歌詞を書くよなと感じました。てかそう?やんな。ハイ。
[PR]
by musimaruyowkow | 2007-01-27 22:06 | きょうの映画
<< ケ ツ い!!! と、みせかけて…5分後、 >>